CATEGORY

死別

  • 2021年6月13日
  • 2021年12月28日

大切な人を失ってもあなたらしさは変わらない

本当の自分らしさを勘違いしていた!? 大切な人の前だけで見せる自分らしい一面というものが人間あると思う。 私は夫を亡くした時に、本当の自分らしさを見せられる人がいなくなったから、もう本当の自分らしさは一生封印して生きるんだろうなと漠然と思ってた。そうなったら、自分は一体どんな風になっていくんだろうか […]

  • 2021年4月21日
  • 2022年1月3日

失った大切な人との思い出の場所にあるもの

思い出の場所 大切な人を亡くされた方は、その人との思い出深い場所が色々とあると思います。私もとりわけ思い出深い場所がいくつかあります😊 死別直後はそういった思い出が沢山ある場所にたたずんだ時にどうしようもない悲しさを感じたことを覚えています。ただ、その時の感情がどんなものだったのかを明確に思い出すこ […]

  • 2020年11月29日
  • 2022年1月3日

「死=悲しみ」←刷り込みです~騙されないで下さい

私達の本当の正体とは!? 「死は悲しいことだ」という考え方が一般的にあると思います。でも本当にそうなのか考えてみたいと思います。 私は少し前に内山エナさんのところでリーディングとチャネリングのプロクラスを受けたのですが、その時に過去生をリーディングしたりするとそれが見えてきます。そして同じ人を数人で […]

  • 2020年11月25日
  • 2022年1月3日

私が死別の苦しみを手放したかった理由~カルマの解消

現実が作られる仕組み 今日は私が死別の苦しみを絶対手放すぞ!と思った理由について書いて行きたいと思います。 感情はエネルギーで、その感情のエネルギーが自分の人生を具現化して行きます(詳しくはこちら→現実の作られ方~出したものが返ってくる)。このため、起こる出来事は全て自分の感情が具現化されたものにな […]

  • 2020年11月1日
  • 2022年1月3日

再婚すれば死別の傷は癒えるのか?

死別の傷が癒えるかは再婚と関係ない 配偶者と死別をした人なら再婚するかどうかは別としても「再婚したら悲しみは癒えるのだろうか?」と考えたことのある人は多いのではないかと思います。 果たして、誰かを失った悲しみが別の存在によって癒されるのでしょうか? 私は死別の傷が癒えるかどうかは再婚することとは実は […]

  • 2020年10月24日
  • 2022年1月3日

死別の本当の意味とは~最高のギフト

自分の死後に残るもの 死んでも肉体が無くなるだけで意識はそのまま無くなりません。(詳しくはこちら→人は死んだらどうなるの?~おどろきのあの世の真実を伝える本 part1) 私自身もこの肉体じゃないところに意識があるという経験を垣間見ました(詳しくはこちら→真実を垣間見た一瞥体験!?~夫が亡くなった日 […]

  • 2020年10月24日
  • 2022年1月3日

亡くなった人はあなたを置いて行ったのではない~実は逆だった

亡くなった人は本当に遠くへ行ってしまったのか!? 亡くなった人についてよく、「遠くの世界に行った」とか「星になった」とか「遠くに旅行に行ってる」とか、そんな表現を聞いたことがありませんか? 今日、夫に会いたいなぁと考えていた時、夫が「遠くの世界に行ってしまった」と表現するとしたらなんだか違う気がする […]

  • 2020年10月10日
  • 2022年1月3日

大切な人を失っても大丈夫~だって自分で仕掛けたドッキリだから

死別の体験で心を閉ざす人もいる 私が夫との死別の体験から得たことは本当に沢山あります。その一つが、統合を続けることで色んな人の気持ちが前よりも理解できるようになった事です。 大切な近い家族を失った人って世の中に数えきれないほどいるし、また生涯で見たら一度はそういう経験を多くの人がするはずです。 でも […]

  • 2020年10月1日
  • 2022年1月3日

苦しいストーリーを生きている人は勇敢な魂

苦しい現実も自分で書いてきたシナリオ 苦しい現実が展開されている時の気持ちの持ち方について書いて行きたいと思います。 私達は自分で今回の人生のシナリオを書いてきたんだということを忘れているほど臨場感たっぷりに喜怒哀楽全ての感情を存分に感じて色んな体験をすることができます。 そして私は自分でこのシナリ […]

  • 2020年9月11日
  • 2022年1月3日

父親のいない人生を選んで生まれて来た~かわいそうなんかじゃない

夫が亡くなった後に、何度かスピリチュアリストの方のセッションを受けており、セッションを録音したもので一度も聞き返していなかったものがあったのでふと最近思い立って聞き返してみました。 その中で娘のことについて、父親がいないお母さんと一緒に歩む人生に完全に同意して生まれてきているので、お父さんがいなくて […]