内山エナさんの個人セッション~私の全ての苦しみが消えた日 part 2/3

寿命は決めてきていた

そして夫の霊を降ろして(?)ミディアムシップが始まりました。夫が亡くなった理由を知りたい事や、今夫の死に対する罪悪感にとても苦しんでいるということを伝えました。すると「あなたの背中に大きな十字架が見えます」とのことでした。

それからやはり夫の寿命は決めて来たことなんだということをとても強調していました。また私が罪悪感を抱く必要は無いのだということも伝えてくれました。

夫が亡くなった本当の理由

そして夫が今世で何を学ぶために生まれて来ていたのか・・・・、その話題になった時エナさんは、「ポジティブなことではないですねぇ・・・」と言い、しばらく間があきました。そして

「それは地球で言うところの無念です。」とおっしゃいました。

その瞬間、私の中で全てのパズルのピースがバババババッと合うかのようにして一瞬にして全ての私の中にある苦しみや悲しみや罪悪感など全ての重たい周波数が「バーン!」と消えるかのような感覚でした。

100 の統合が起こるとはまさのこのような状態だと思います。夫が亡くなった理由が完全に腑に落ちて全てが消えました。

他の人がこの話を聞いてもなぜ消えたのかはわからないと思います。でも、私の中では一瞬で消えたのです。

夫のカルマとその解消

夫は、修道士をしていた過去生があり、その時にものすごく大きな無念という周波数を残したまま亡くなったため、地球がアセンションをしていくにあたりアセンション後の高い周波数の地球に生まれてくるために今世でとどうしてもこの無念を昇華させなければならなかったと言うのです。重たい周波数を抱えているとアセンションする地球に存在することができないのです。

そして今回その大きな無念という重荷を下ろすことができ、今ものすごく高い周波数の場所にいるとのことでした。そして「あなたとだからこの学びができた、と旦那さんは言っています」と言われて本当に嬉しかったです。

無念という過去生の周波数を統合するには、やはり同じ無念を感じる場面を今世でも作り出してそれを全て受け入れて手放すことが必要です。夫はまさに亡くなる直前に「本当に幸せだったから悔いはない」と落ち着いていたのです。統合が起き、無念が昇華された瞬間だったのだと思いました。

そしてとにかくただ「本当に良かったね。」という思いが溢れました。全ての彼の苦しい体験はちゃんと意味があり、まさにその体験こそが彼が必要だった体験だったのです。

あぁそうだったんだ、私はそれを知りたかったんだそういう思いでした。

深いところで全てを知っている

私が無念と聞いて一瞬で全ての謎が解けたような感覚になったのは、やはり深いところで私が夫の学びを知っていたのだと思います。

人は生まれてくる時に人生の目的や過去生など全て忘れて生まれてくる人がほとんどですが、でも忘れているだけで深いところでは知っているのです。

だから一言「無念」と聞いただけで一瞬で腑に落ちたのだと思います。