内山エナさんの個人セッション~私の全ての苦しみが消えた日 part 3/3

統合が起きて幸せな朝を迎える!

そしてその翌朝から朝起きた時になにも重たいものが無いのです!

こんなに幸せで爽快な朝を迎えたのはどれくらいぶりだろう?

というほどでした。そして夫が亡くなって泣いていた、苦しんでいた自分の過去の映像が頭によぎった時、「あぁドッキリの番組でだまされて悲しんでる私」そんな風に見えたのです。

だってぜーんぶ今世で波動を上げるために夫と私が決めて来たシナリオだから。それが腑に落ちたのです。

統合をすると手放すチャンスがやってくる

今回このように私の罪悪感が消えるようなセッションに出会える流れとなったのも、統合を進めていたからだと思います。統合を進めて行くと必ずネガティブを手放して波動を上げて行かれる流れが自然とできてきます

人によってその道のりは色々だと思います。統合を始めると、ネガティブな周波数をきちんと手放すためにいろいろなことが現実に現れてくるのです。

苦しいことだったりすることもあります。でもそれはその現実をみてその周波数を今手放すんだよ!と教えてくれています。そして手放すことができればどんどん周波数を上げて行くことができます。

私も、とにかく大きな罪悪感を抱えていたため、統合をしたとしてもどれだけ時間がかかるだろうと思ったこともありますが、まさかこんな形で手放すことができるとは夢にも思いませんでした。

統合を起こすための方法は一つではなく、このように過去生から持って来ているカルマを知ることで統合が起こると言うことがあるそうです。でもカルマと言うのは膨大なので、一つ一つの過去生を探って行くことは時間がかかるため、まずは統合で手放して行くことが早いようです。

でもヒプノセラピーやこうした個人セッションを利用することも一つの有益な手段なので、根深い周波数などを手放すきっかけに使うことはとても良いと思います。もしピンときたときはやってみたら良いと思います。ただ、手放すことができるのは自分しかいないので、統合して自分で手放して行くというスタンスを持っていることが一番大切です。

もちろん統合だけでどんな周波数でも外れるのですが、その過程でもしかしたら私のような形で手放すきっかけを作るような現実を作る人もいるかもしれません。

全ての現実は自分が作っている

全ては自分が起こしている現実なのです。「ほかの誰か」がやっているのではないのです。

苦しみ続ける選択をするのか、苦しみを手放す選択をするのか、それは自分次第なのです。手放したいと思ったなら、一度統合ワークをやってみて下さい。そしてその先に必ずどんな大きなネガティブも手放して軽くなる日がやってきます

統合すると現実に対して感謝が起きる

少なくとも、私は夫の死別後たった1年と8カ月であんなに苦しかった罪悪感も悲しみもただただ深い「愛と感謝と尊敬」へと変わったのです。

そしてこの夫と過ごした苦しい最後の日々も、どれほど尊いものだったのか、思い知らされたのでした。その経験をしたからこそ夫は高みに上って行くことができたのです。これほど素晴らしいことはありません。

また、亡くなった人とは必ずあの世でまた会えます。私は今世で目醒め、そしてしっかりと生き切ってそして胸を張って夫に会える日を本当に楽しみにしています。