遺品整理はどうする?~私の場合

夫の遺品整理

遺品整理について今日は書いてみたいと思います。

私は夫が亡くなった後に引っ越しをする際に98%くらい手放ました(他の人に使って頂けるものは使って頂くという風にもしながら)。元々夫はモノに全く執着が無く、高価な物よりも実用的な物を好む人でしたので、本人の思い入れの強い宝物と言えるようなものもほとんどありませんでした。

また、人によると思いますが、私の場合はあまり沢山物があると落ち着かないということと、元々モノや形式、一般常識にあまりとらわれないというのがあります。例えば記念品なんだから大切にとっておかなきゃ、という風にもあまり思っていません。

また、亡くなった当初はまだ統合も知らなかったためまだ苦しい時でしたので、遺品を見るといろいろ思い出してしまって辛くなることからなるべく目に付かない方が気持ちが落ち着くということ、また遺品に執着したくないという思いがあり、あまり躊躇せずにほとんど処分しました。

テレビで以前見たのは、写真を撮ってから処分するというやり方もあるようです。気持ちの問題ですのでそういった方法も良いかもしれません。

今思うと、すぐに遺品の多くを手放したことは全く後悔していません。気持ちを切り替えることもできましたし、やっぱりハートにちゃんといるんだなと実感しているので、特に思い出の品が見たいと思うこともありません。思い出の品よりもイメージすれば浮かびますから特に必要はありません。

遺品整理で一番大切な事

遺品を沢山とっておくにしても、手放すにしても、それ自体は現実の話ですから特に意味はなく(現実の出来事は本来全て中立であり良い悪い大きい小さいなどの意味は無い→詳しくはこちらの記事)、大切なのはどういった気持ちであるかということだと思います。

遺品が無いと寂しくてしょうがないから、離れてしまうようで辛いから、という気持ちがある可能性もあります。そういった時はその遺品に執着してしまっている周波数をしっかりと手放して統合するチャンスです!遺品を沢山とっておくという行動の動機となる感情をしっかり見てみて下さい。

寂しい、不安、そういった感情があるなと思ったらそれは否定する必要もないですし、その自分を受入れ、そして統合ワークで手放してみてください。そしたら本当に必要な遺品は何なのか、ということが分かってくるはずです。自分にしっくりくることを選択して下さい。

そしたら本当に必要な遺品だけに絞って、そしてあとは手放そうという気持ちになったりするかもしれません。それでも取っておいた方が心地がいいなと思うのであればもちろんそれでオッケーだと思います。

いずれにせよ遺品があるかどうか、というそれ自体はどちらでも良いですが、自分自身のネガティブな感情や遺品への執着があるかどうかを見極めて手放すチャンスです。

死別に関するネガティブな感情や執着を手放して行くことで、とても速いスピードで軽やかに乗り越えていくことができます。

現実に起こるどんなこともただ全て統合の材料として使って下さい。現実それ自体に良い悪い大きい小さいなどの意味はないからです。

★今日の記事のポイント★

  • 「遺品を取っておくか処分するか」と言う現実世界でどうするかに意味は無い
  • 遺品への執着があるかどうかを見極め、あれば手放して統合する
  • 手放して統合したあとに自分にしっくりくることを選ぶ
  • 現実に起こる全てのことを統合するために使う
Instagramで主に死別などの苦しい体験をされた方向けにハイヤーセルフからの癒しと目醒めのショートメッセージを毎日投稿しています。投稿一覧から、定期的にその時気になるメッセージを読むことで、高い視点を潜在意識に定着させて統合へ向かうために活用してみて下さい☆↓
Ayaの統合と目醒め(@aya_awakening) • Instagram