現実の全ては全く深刻ではない

深刻になることで苦しみが生まれる

今日、インスタグラムに深刻さを手放すという内容のメッセージを投稿したのですが、ブログでも深刻さについて書きたいと思います。

私達は今まで現実を深刻にとらえることでドラマに現実ドラマにどっぷりつかって生きてきました。

でも、本当は現実というのは私たちの感情が投影されているだけの映画のスクリーンと同じです。そしてその内容に良い悪い、正しい間違い、大きい小さいなどの意味付けをしています。実際はただ「そうである」というだけの中立な出来事でしかありません。

意味付けをすることで深刻さが生まれて行きます。生まれてからずっとそのように私たちは生きて来たので、その意味付けが真実だといつの間にか錯覚しています。

「深刻になっている=自分が今ズレている」と知る

現実に意味付けをして深刻さが生まれることで苦しみが生まれます。深刻になるというのは真実の私達からズレているという分かり易いサインです。例外は無いんです。どんなことが起こったとしても深刻にならずにただ統合していくだけです。

真実の私たちの状態というのはゼロポイントです。これはすっきりしていて穏やかで平穏な状態です。

このゼロポイントという真実の私たちの状態にならない限りは私たちのハイヤーセルフに繋がることは決してできません。

ハイヤーセルフに繋がった状態で初めて宇宙の英知が直感などが私たちに降りてきて、そして私たちの本質の能力を最大限に生かして最高の人生を展開していくことが可能となります。だから常にゼロポイントにいるということが何より大切です。

苦しみが生まれるときは必ず現実を深刻に捉えている時です。そんな時は、あ、またいつものクセが出て来たな、と気付き、その深刻な重たい感情をすぐに手放して統合してください。

また、すごく現実に深刻になって入り込んでしまっている時は、それに気付いたらすぐにぐっと視点を引いてドラマから抜けることを意図してから統合するのも効果的です。(一瞬でできて効果的なぐっと視点を引くワークを参考にして下さい。→深刻な現実ドラマから抜けるための簡単ワーク

思考に飲まれる直前で重たい感情を手放して統合する

何かが起こった時に深刻になってあれこれ原因を考えて対処法をあれこれ難しく考えて思考のうずに巻き込まれていくというのがドラマにハマって行くよくあるパターンです。

でも、このよくあるいつものパターンに飲まれずに深刻さに飲まれて思考が発動する一歩手前でしっかりとその深刻な感覚を手放すことができるかということが大きなポイントです。

深刻さのようなネガティブな重たい感情に引きずられて思考を巡らせている時は既に完全にゼロポイントからズレている状態であり、現実に一喜一憂している状態です。

思考に飲まれるより前に重たい感情を手放すということを続けて行くとものすごく早くその感情を外すことができます。

そしていつの間にか自分の人生から深刻さが消えていくことになります。そして結果的に現実も深刻さを感じるようなものではなく軽やかになって行きます。

Instagramで主に死別などの苦しい体験をされた方向けにハイヤーセルフからの癒しと目醒めのショートメッセージを毎日投稿しています。投稿一覧から、定期的にその時気になるメッセージを読むことで、高い視点を潜在意識に定着させて統合へ向かうために活用してみて下さい☆↓
Ayaの統合と目醒め(@aya_awakening) • Instagram