苦しい出来事は実は祝福だった

私はYouTubeがあったおかげでスピリチュアルな情報に触れられてそして夫との死別を乗り越えることができました。

有名な覚者に遠くまで会いに行かなくても、YouTubeで沢山の覚者の話を聞くことができます。インドで修行をしたりしなくても、普通の主婦の方でも目覚めた人っているんだということが分かり、そうした方々のお話を聞く事が本当に自分の励みになりました。

私はスピリチュアルな情報に出会うまで特にYouTubeでチャンネル登録をしたことが無かったのですが、スピリチュアルな情報発信のチャンネルをもっと聞きたくて初めてチャンネル登録をしました。それからどんどん有益な情報を発信する素晴らしいスピーカーが増えて行って登録しているチャンネル数もいつの間にか増えていました。

こんなに沢山の人が悟りについて語る世界って夢のようだなとその登録している沢山のチャンネルを見て改めて感慨深い思いがありました。

地球が2012年からアセンション(次元上昇)のプロセスに入ったということですが、それまでは地球の波動が非常に低かったため、目覚める、悟るということは容易なことではなかったようです。実際悟りについて語るスピーカーも少なかったと思います。

今までは苦しい修行を通してやっと真理に目覚める、悟ることができたというものが、今では誰でも簡単に目覚めることができるほど、地上の天国が目の前に迫っているようです。

今日素敵な動画を見つけたのでご紹介したいと思います。

流産や死産について話されていますが、これは流産や死産にかかわらず、家族や親しい人の死について考えるときにも全く同じですから、参考になります。苦しいことだったとしても、それは実は祝福なのだ、と言うことが良く分かる動画です(苦しい出来事が祝福なのだと分かったとき、腑に落ちた時、統合が起こり囚われていた全てが消えます)。ぜひご覧になって下さい。