並木良和さんの統合ワークのやり方

並木良和さん

統合の方法は一つではなく、沢山あります。

ここでは一番有名な並木良和さんの教える統合についてご紹介します。

統合についてはこちら→統合とは

並木良和さんについて詳しくはこちら→並木良和さんは人間じゃない!?

統合ワークという言葉は最近は色々なところで聞かれていますが、このように統合ワークが知られるようになったのも並木良和さんの統合で実際に目醒めたり、驚くほど軽くなったという方が続出しているからです。

並木さんは多くの過去生の記憶(30くらいの過去生を覚えていると確かおっしゃっていました)を持っており、また様々なアセンデッドマスター(転生をする必要がないほどに波動を上げたアセンションした存在。「ブッダ」「キリスト」「空海」など)や、日本古来の神様や大天使ミカエルなどの天使と言われている存在たちとチャネリングをすることができます。

並木さんの教える統合は、並木さん自身がレムリア時代の過去生で実際に当時使っていた手法なんだそうです。また、並木さんはアセンデッドマスターやその他の高次元の存在からのアドバイスを得るなどして、様々な波動を上げるためのワークを紹介しています。ここでは一番基本的なでシンプルなものを紹介したいと思います。

並木良和さんの統合ワーク

↑の図が並木さんの統合をする際の設定のイメージ図です。

  1. 呼吸を整えてリラックスし、肩幅に両足を開いて立ち、目を閉じます。
  2. あなたは無数の星々が見える宇宙空間の中にいます。足元には波打つどこまでも広大に広がるプラチナシルバー色のフィールドが広がっています。
  3. 「私のダイヤモンドの位置はどこ?」と自分に聞くとキラっと光るダイヤモンドがプラチナシルバーのフィールドのどこかに見えます。その上に立つイメージをします。実際に歩いて行ってもいいし、ダイヤモンドを自分の足元に引き寄せてもOKです。
  4. あなたとダイヤモンドとの垂直軸上の頭の上にキラキラと輝く源が見えます。
  5. あなたの胸の前には筒状の天の川スパイラルが横たわっており、その先のキラキラと輝く源まで続いています。
  6. あなたが手放したいと思う、居心地の悪い感情を感じた場面を、目の前に映画のスクリーンをイメージし、そのスクリーンに映し出して下さい。
  7. スクリーンの中の映像についてあれこれ考えたりせず、スクリーンを見た時に感じる感情だけに集中してください。感情は体感を伴うものなので、その手放したい感情の体感にだけ意識を向けて下さい
  8. そして胸の前に2枚扉があるのをイメージして、その扉を観音扉を開くようにぱかーんと開けます。そして手放したいネガティブなバイブレーションを胸のなかからぐいっと取り出します。抱えきれないほど大きな真っ黒い鉄でできたとんでもなく重たいオクタヒドロン(正八面体)となって出てきます。(ジェスチャーを付けた方が良いです)
  9. そして胸の前に出て来たオクタヒドロンをながめ、自分とオクタヒドロンの間の隙間をしっかりと確認してください。そうすることで脳はそのバイブレーションは自分のものではない、手放せるのだと認識します。
  10. そしてポーンとオクタヒドロンを押し出すと、天の川スパイラルにしゅるしゅると右回転で吸い込まれて源までずぼっと吸い込まれるのを確認してください。
  11. そして今度は自分の背後の潜在意識の領域にまだ残っているネガティブなバイブレーションが無数に隕石のように沢山浮かび上がっているイメージをして、それをしゅっと自分の観音扉を通って胸の前に出してガチっと大きなオクタヒドロンの形ににします。そして同じくまた両手で持って隙間を確認してから天の川スパイラルに右回転でぽーんと入れ、ずぼっと源に吸い込まれるのを見てください。
  12. 最後に深呼吸を数回します。
  13. 源で統合されたオクタヒドロンが、ものすごい光となって左回転で自分の方へ向かってきて、足元からぶわーっと自分を磁場ごと押し上げます。
  14. どんどん上昇し、上昇しきったなと思ったら深呼吸を数回します。(深呼吸をすることで高い波動を体になじませます)
  15. 目から光がほとばしり出るイメージをしながら目を開けます。
  16. おへその後ろに意識を集中しそこに手を当て、「重力」と唱えるか、重力を意識してください。これで上昇した次元にあなたの体がしっかりとグラウンディング(根付く)されます。*並木良和さんの各種ワークショップ、本などによりワークのやり方に若干の違いがあります。

以上です。慣れるとこの一連のイメージも早くできるようになります。とてもパワフルで効果的なワークなのでぜひお試しください。

私は統合ワークをやったらすぐにネガティブな感情が消えた!と感じるわけではなかったのですが、少し後になるとあれ??なんだか軽くなってると感じたりします。すぐに軽くなった体感のある人もいます。これを続けると必ず軽くなって行きますよ。

統合ワークは淡々と続けるべし

ネガティブな感情は玉ねぎの皮のように何枚もあるので、それを一枚ずつはがすように統合していきます。同じようなバイブレーションが出てきても、統合ですでに手放したのならそれは同じものではなくまた別のバイブレーションです。淡々と続けることがポイントです。

そして統合をきちんと続けて行けば、間違いなく想像もつかないほどの素晴らしい自分の本質へと近付いて行きます。

おすすめの本

こちらの並木良和さんの本はとても分かりやすい物語形式で、統合ワークやその他のワークも掲載されており、盛沢山の内容です。なぜ今自分がこの経験をしているのか、というこその意味が少しわかってくると思います。興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

あの世がしかけるこの世ゲーム

関連記事

現実の作られ方現実はいったいどのように作り出されているのでしょうか?私は小学生の頃から未来ってどうやって作られているんだろう?と疑問でした。そして答えは出ないまま、25歳の時に浅見帆帆子さんの「あなたは絶対運がいい」という本に出合[…]