愛する人との別れ~一番大事なものを手放すと本質が手に入る

  • 2020年7月30日
  • 2022年1月3日
  • 死別

ハイヤーセルフが目覚めると決めて、波動をどんどん軽くして行って目覚めへと向かう時、執着を手放す必要があります。

これだけはどうしても手放せないと思うようなものほど手放すと軽くなって行きます。執着は私達の本質ではないので、本質ではないものは全部手放して行くことになります。

でも、何に執着しているのかさえ気づいていない人も沢山いると思います。

私は夫に対して執着していたと思います。よくこの人さえいればそれでいいと思えるような愛ってあると思いますが、それが執着です。

ただ一緒に散歩しているだけでも楽しかった日々です。そういう幸せだなという思い出に執着が入ると苦しくなります。でもどんなに楽しかったことでも、大切だった日々も、いったん手放してみると、逆に本当に自分のものになる、そんな気がします。

執着している時は苦しい色眼鏡(胸が締め付けられる、など)で見ていた思い出も、執着を手放してみると本質が見えてきます

握っていたものを手放してふっと全ての緊張がほぐれて力が抜けると本質が見えてくる。そんな感じです。ただ幸せがそこにあるし、その経験が色あせるわけではありません。ありのままに今も感じることができるようになります。

だから手放すって実は本質を手に入れると言うことなんだと思います。

これだけは大事と思うものを思い浮かべて、それがもし無くなってしまうと想像したときに感じる感覚、それを一つずつ100%手放すと意図してみてください。統合ワークで手放しても良いです。

地位でも名誉でも学歴でも仕事でも家族でも家でもお金でも全てです。有形無形の自分にとっての財産のようなもの、全部手放してみてください。私ももちろんまだまだ手放すべきものだらけです。

執着があるとエネルギーが自分から漏れ出て行くように思います。執着を手放すほどエネルギーが戻ってきて強くなれます。自分の持ってる「何か」によって優越感があって自信満々な人は実は強い人ではないかもしれません。でも何者でもないただ自分の存在そのものが満たされている人は本当に強い人です。

何もなくても満たされているのが本質の私達なんです。