自分の本心に従って生きることが苦しみからあなたを解放する🌈

なぜ本心に従って生きることが大事なのか?

自分の本心に従って生きるとは、自分軸で生きるということです。

よく自分軸が大事って言われていますが本当にその通りで、死別の苦しみを乗り越えるにあたってもこの自分軸を意識して生きることがとっても大切なので今日はその話をしたいと思います😊

自分軸で生きるとは何かというと自分が好きなもの(心地良いと感じたりわくわくしたり惹かれたりする物事)を選択し続けること🎀

死別による寂しさや悲しみを手放して行くことは勿論大事ですが、同時に自分軸をしっかり持つことを意識することも大事なんです。苦しみを手放すことと自分軸で生きることは切っても切れない関係と言えるかもしれません。

苦しみの手放しというのは、今この瞬間に意識が在るときに可能です。そして自分軸で生きると今この瞬間に意識を置きやすくなるからです。

本当のあなたというのは今この瞬間にしか存在していません。過去や未来や妄想に意識が飛んでいる時は思考=エゴで生きている状態で、本当のあなたは無意識になっています。

だけど手放すことができるのは本当のあなたが意識的になっている時のみ。だから今に在ることは苦しみを手放すためには絶対に欠かせない条件です。

自分軸で生きることがあなたの意識を今この瞬間に連れて来る✨

過去や未来や妄想の世界に意識が飛んでいる状態で手放そうとしても手放しが起こらないんです。

手放す瞬間だけでも今に意識を戻すのは勿論のことだけど、苦しみを手放しやすくするために日常的に今にいやすい状況にすることが大切。

あなたがすごく好きな人、モノ、出来事を目の前にしたときに「は!」っとしてそこに意識が向く感覚が在りますよね。その時あなたは今に在ります。過去や未来や妄想の中に意識を飛ばさずに今この瞬間の目の前のソレに意識をしっかり向けられるから。

自分の本心に従って生きると今に在ることができるようになります。例えば仕事もそう。

興味があったり大好きなことを仕事にしているとしたら今この瞬間に意識を置くことが容易になるので好きこそものの上手なれというのはその通りなんです。

好きでもなく興味もないことを仕事としているなら、当然意識は過去や未来に飛んで行き勝ちになるので本当の力を発揮できないのはそのためです。意識が今に無ければエネルギーが漏れ出ているということになるので自分の持つ力を完全に使うことはできません。

嫌だなと思う仕事をしていると、「なんでこんな仕事をしなきゃならないんだ」「私はこういう仕事すごく苦手」などなど、どんどん思考が湧いてきて夢中で仕事をできる状態にはなれません。逆に夢中で仕事ができているなら今に在ります。

だけど好きじゃないけど今はどうしてもその仕事をやらなきゃいけない事は勿論あると思います。そういう時はその感情や思考にきちんと気付きながら仕事をすることがポイント💎感情や思考に気付いている時が今に在る状態だから。

意識して今に在ることをしていると今度はエネルギーをちゃんと自分にもどして仕事ができるので、今まで好きじゃないと思っていた仕事でも、仕事がはかどったりわくわくしてきたりします。

意識を今に置いたり手放すことをしてもそれでもその仕事に拒否反応が出続ける場合は何が自分にとって拒否反応を示しているのかを探り、そして可能な限り自分の望む仕事や仕事の環境を作れるように行動すると良いです。自分に一致するために行動するんです。このポジティブな動機がポジティブな現実を運んでくるからです。

行動を起こす時は動機が具現化します。いつでも動機が大切です。

仕事を例に挙げましたがそれ以外で日常の過ごし方としても、好きな事や興味のあることに積極的に行動して見たり、またそういうものが全く浮かばない場合はせめて嫌だなと思うことは止めてみるなど、とにかく自分の本心により近い生き方をしてみて下さい❗

このように、自分のハートを一番に考えて大切にして生きると、より今に在ることができるようになりそして苦しみを手放すことが容易になります。
★Facebookも始めました!インスタと同じ投稿プラス気付きなど載せて行けたらなぁと考え中です😊→こちら

死別の苦しみを乗り越えた人の話を直接聞きたい、乗り越えたいけど乗り越えられるイメージがつかない、具体的な乗り越える方法を聞きたいという方に特にお勧め🌈🌈 確実に、そして最速で死別の苦しみを乗り越える方法をお伝えします!miniグリーフ・カウンセリング 詳しくはこちら