湧いてくる感情と相手は関係が無かった~自分が持ってる感情だけを体験できる

私達が体験している色々な感情は、既に私達それぞれが持っているものしか体験することはありません。もし、ネガティブな感情を体験するときはそれを手放して行けば体験することは無くなって行き、私達の本質の愛が現れてきます。

そこで私自身の感情の体験の仕方を考えた時、確かにそうなんだろうなぁと感じます。

娘の言動を見て可愛いなと思った時によく思うのですが、娘の言動が客観的に可愛いものだから私が可愛いと感じるわけじゃなくて、私自身が既に可愛いなと思うその感情を持っているから体験できる感情なんだなと。

だから実は誰かに対して何かの感情が湧いてくる時、その相手に原因は実は無いという驚きのからくりがあります!

すごく愛しい人がいて、キュンとする感情が湧いてくる時、それも実は既にそのキュンを持っているから体験できます。

イライラの感情も、相手が何かをしたからそれが原因でイライラするんだと一見思い勝ちですが、もっと高い視点で見ると実は自分自身がイライラを持っているから体験します。でもイライラを手放して視点が上がってしまうと、同じ場面でもイライラしなかったり、イライラがたとえ一瞬起こったとしても素通りすることができるようになったりします。

何かに感動したとき、感謝したとき、愛しいと思ったとき、全部自分の中にあるから体験できるんだって思うと本当に自分ってすごい!って感じるはずです。

その視点から感情を体験してみてください☆

関連記事

現実の作られ方 現実はいったいどのように作り出されているのでしょうか? 私は小学生の頃から未来ってどうやって作られているんだろう?と疑問でした。 そして答えは出ないまま、25歳の時に浅見帆帆子さんの「あなたは絶対運がいい」という本に出合[…]