好ましくない現実ですら実は自分で選んでる

今日は先日見つけた素晴らしい言葉をシェアしたいと思います。

エックハルトトールのツイッターより(日本語訳は私が付けました)↓

まさにこれが超重要だと思います。

創造主であると100%腑に落ちている=起こる現実は自分で作っていると分かっている=起こっている現実に抵抗しない=常に心が穏やか=心が穏やかになるような現実が結果的に現れてくる

自分が創造主だと腑に落ちていなかったとしても自分が全ての現実を作っているかのように振る舞うというところからまずは始めてみるのが大事だと思います。

目の前の現実がたとえ望ましくないものだったとしても、「あぁこれを私は選んでいたんだね」というように受け入れて行きます。その時湧いてくるネガティブな感情は手放しながら。

この好ましくない現実ですら自分が選んでいることを100%受け入れる(統合する)という、これができるかどうか、ここが苦しみを簡単に乗り越える一番のポイントと言ってもいいくらいです。

そして自分が全ての現実を作っているかのように振る舞っていると、いつの間にかその考え方が定着してきたり、また実際にそうなんだと分かるような出来事が起こることで経験的に腑に落ちて行くと思います。

自分の視点を今までと違う高い視点に持っていくということは、やはり自分から意図的にそのように見るという真剣さが必要になって来ます😊

視点が上がると死別のような強烈な苦しみですら軽やかに乗り越えられますよ🌈🌈🌈

高い視点の持ち方について↓の記事が役に立ちますので参考にしてみてください!

関連記事

私達の本質は全てを作り出している源意識 私達の究極的な本質の姿は、全てを作り出した源意識そのものです。 宇宙をも作りだした意識そのもので、そのたった一つの意識がビックバンを作り出し、宇宙を作り出し、惑星を作り出し、地球を作り出し、人間を作り[…]

関連記事

創造主である自分が心から信じたことしか現実にならない 今日は、現実ドラマから抜けて視点を高く持つことの重要性とその簡単ワークをご紹介してたいと思います。 私達は本当はこの肉体ではなく、肉体も地球も宇宙も全てを作り出している源の意識そのもの[…]