【人は死んだらどうなる?】死のからくりと輪廻転生の秘密~エックハルト・トール

人は死んだらどうなるの?

人は死んだらどうなるのか、という疑問に対して色んな意見があると思います。

私もずっと死んだらどうなるのかということについて考えてきました。

私は、肉体は死んでも意識は死ぬことはなく永遠だと感じています。肉体は必ず朽ち果てますが、私たちの意識は肉体ではありませんから朽ち果てることも変化することも無い永遠のものだからです。

では肉体が死んだ後何が起こるのでしょうか。意識は何処へ行くのでしょうか。

そんな中、大きく腑に落ちた言葉がありましたのでご紹介したいと思います。それはエックハルト・トールという目覚めた人動画です。

彼が宗教でもなければ哲学でもなく単純なシステムとして輪廻転生が起こる仕組みについて語っている動画を和訳しました。ぜひお楽しみ下さい!

エックハル・トトールは、重度の鬱状態から真実に目覚めた世界で最も影響力のあるスピリチュアルリーダーの一人です。エックハル・トトールは、今この瞬間に意識を置いて生きることの重要性を説いている人です。

エックハルト・トールの定義する死後の世界

エックハルトトールの英語での動画のため日本語が無かったので、私の言葉で訳して途中重複する表現などは省いて分かりやすい表現にかみ砕いて要約しました。カッコの中の言葉は私の補足説明です。

死後に起こることは、その人が生前の人生の中で、主にどのような意識状態に支配されていたかによって決まります。あなたは人生の中で、肉体という一つの「形」であったり、又は心理的な「私」という一つの「形」を自分だと認識していたとします。こうした意識状態というのは、何らかの「形」によって自己を認識するという、まだいくらか夢のような状態にあり(本質の私たちは「体」でもないし「私」という概念でもなく、物理的にも概念的にも何の形もないものであるため、真実をまだ見抜いていない幻想の中にいるような状態)、つまり目覚めや悟り(自分が物理的な体や概念的な私ではないと見抜くこと)がまだ起こっていなかったということです。そうするとその後も再び自己を何らかの「形」をもって認識し続けます(死んでも再び別の肉体で生まれ変わり輪廻転生すること)。そして徐々に目覚めや悟りが起こる(真実を見抜く)ポイントまで到達します(目覚めると輪廻転生が終わる)

または、もしこうした肉体としての「形」や概念としての「私」という「形」は自己ではないのだということをこの人生で見抜いたとしたら、肉体や私という「形」を通した更なる経験を求めるという強迫的な衝動というものはかなり弱まっているか、または完全になくなっているでしょう。

その場合は、あなたの意識はもはやこの領域(私たちのいる物理次元)に縛られることはなくなり、再び肉体や私という「形」を通した経験を求めるということは無くなります。そして私達の今いる「形」を通して経験するというこの領域とは別の、私たちが認識できない領域へと移行します。

しかし、どちらのケースだったとしても、全てそれで良いのです。

真実でないものは朽ち果てることがありますが、真実のものは朽ち果てることがありません。人間というのは「形」を越えた存在です。誰でも死体を見た時に死体はもはや生前みんなが知るその人ではないということが分かります。ただの抜け殻です。

究極的には、私たちのいるこの「形」の領域というのは幻想なのです。究極的にはという意味です。あなたがどの視点から見るかによって違って見えます。

ただここで重要なのは、全てそれで良いのだということです。死と言うものが唯一存在するのは「形」の領域です。死は一つの「形」から別の「形」への移行、または「形」から「無形」への移行ということです。それが死ということです。それ以上のものはありません。真実でないもの(肉体としての私)は朽ち果てることがありますが、真実のもの(魂、本質の私)は朽ち果てることがありません。だから死などというものは無いのです。ただそのように見えるというだけなのです。

もしあなたが死に直面したら、自分の内にある静寂を感じて下さい。あなた自身が静寂の中にいることがとても重要です。そしてあなたが、死のプロセスの過程にいる人やまたはちょうど今亡くなった人の隣にいる時にすべきことは、即座に目を閉じてあなたが誰であるのかに気づかせてくれるあなたの深いところにある静寂を感じることです。

そしてひとたびあなたが誰なのかに気づいたとしたら、それは形のない意識でしょう。そしてあなたは気づくでしょう。真実のものは死ぬことは無いのだと。

このエックハルトトールの言葉に私はすごく納得しました。

人は信じたままの世界しか生きられないのだと。

だから、この自分の肉体であったり、「私」というエゴの概念こそが自分なのだと勘違いしている間はその外の領域に出ることができないんですよね。

意識が100%信じた世界をそのまま創造しているから。

関連記事

全財産を失った女性の話 エックハルト・トール(覚者)と全財産を失ったGeneen Rothという作家の女性(スピリチュアルな生き方を元々実践している女性のようです)との対談動画の中でお金について語っています。(Managing Money […]

エックハルト・トールはユーモアと愛があって何よりもすごく表現が分かりやすくて好きです。エックハルト・トールの本を読んだことが無い方は一度読んでみることをお勧めします。
↓どちらも素晴らしい本です。


ニュー・アース


人生が楽になる 超シンプルなさとり方 (5次元文庫)