【死別の悲しみの原因は思考です!】悲しみのメカニズムを徹底解説

死別の悲しみが生まれるメカニズム

思考はなぜ死別の悲しみの原因となるのか?

死別の悲しみは思考の中のストーリーによって生まれます。理由が無く悲しみは存在できないからです。

悲しいドラマの中で一番悲しいワンシーンだけを見た時、あなたは悲しいと思うでしょうか。前後のストーリーが全くない状態であなたは悲しいドラマのワンシーンだけで悲しみの涙を流すことがあるでしょうか。そんなことは無いはずです。

死別も全く同じです。大切な人と死別をしたというストーリーがあるからこそ悲しみが生まれます

過去や未来という思考によってあなたは苦しんでいた

それではそのストーリーとはいったいどのようにしてできるのでしょうか?

過去と未来という時間の流れによってストーリーが生まれています。ドラマと全く同じです。今この瞬間だけであればストーリーが無いのです。だからあなたがもし死別した過去を全部忘れたら、苦しみは完全に消えるはずです。

だけど過去があって、未来があるからストーリーになるのです。

私は夫と死別した直後にあまりの苦しさに、記憶がもし全部消えたらきっと楽になれるんだろうななどと思ったこともありました。夫に関する記憶という名のストーリーに苦しんでいるという事を感じたからです。

過去や未来は思考の中にしか存在できない

ところが、その悲しみの原因となるストーリーを仕立て上げている過去も未来も、実際には存在せず思考の中にしか無いものなのです。

つまり、過去や未来に意識が飛んでいる時は思考の中にいるということであり、今に意識がある時は思考が無い状態、ということになるのです。

過去や未来に直接行くことも触れることもできません。思考の中でしか行くことはできないのです。

たとえタイムマシーンで実際に過去や未来に行ったとしても、そこであなたは過去を「今」経験することになるのです。経験は今この瞬間にしか起こらないからです。

私たちは常に今この瞬間だけを経験しながら生きているだけです。直接触れられるもの、直接感じられるもの、直接経験できるものというのは今この瞬間だけなのです。

映画のフィルムと同じで今この瞬間の映像以外何も無い

そして時間も同じく思考の中にしかないという事です。究極的には時間というのも幻想で、今この瞬間だけが続いているだけなのです。

今=思考の無い本質のあなたの意識
過去=思考

未来=思考

思考の中に過去や未来というストーリーが存在し、そしてそのストーリーによって悲しみが生まれているという仕組みなのです。つまり、

思考(=過去や未来=ストーリー)⇒悲しみを生む原因 

という事なのです。

マインドフルネスが心を穏やかにして脳を活性化させると言われているのは、マインドフルネスによって思考の無い状態や思考に気付いている状態、つまり今この瞬間に意識がある状態を作り出す助けになるからです。▶マインドフルネスについて詳しくはこちら→【家族の死から立ち直れないあなたへ】マインドフルネスのやり方3選!

死別の悲しみを手放すにはどうしたら良い?

思考の特徴を理解する

これまでお話して来たとおり、死別の悲しみの原因は思考であるという事が分かったと思います。

この思考とどう付き合っていくか、という事が死別の悲しみを乗り越える上で欠かせないポイントとなるのです。

思考を攻略するためにはその特徴を知っておく必要があります。思考の重要な特徴は以下の3つです。

思考の特徴①真実ではない ②勝手に湧いてくる ③気付くと消えていく

思考は実は真実ではないんです。思考というのは自我(エゴ)のことです。思考はこの世界の全てに名前を付け、そして意味を付け、ストーリーを作り出しています

ですがこの世界の全ては本来名前も意味付けも何もありません名前も意味付けも人間の観念が作り上げたものであって真実ではありません。真実というのはただあるがままです。▶この仕組みについて詳しくはこちら→【死別の苦しみは自分で創り出していた?】現実を創造する2つの法則!

人の死であってもそうなのです。死は悲しいことだ、あってはならないことだ、というのもまた生まれてから植え付けられてきた観念に過ぎません。

思考が真実ではないことに気付くと、死別に関するネガティブな思考が湧いて来たとしても、真実ではない思考が勝手にただ湧いてきているだけだという事を俯瞰して眺めることができるようになります。つまり、死別に関するネガティブな思考が湧いたとしても苦しまなくなるのです。

そして思考というのは気付くと消えるという性質があります。逆に思考を信じて入り込むと肥大化して行きます。

思考に気付けるようになると死別の悲しみを手放せる

人は通常思考と一体化して生きています。思考を真実だと思い込んでいる人がほとんどです。ですが真実はそうではありません。思考は単なる人間の観念の集積に過ぎないからです。

思考が真実ではないという事を見抜き、思考が勝手に湧くたびに思考に気付くという事ができるようになると死別に関するあらゆる苦しみから解放されて行きます。

思考に気付けば気付くほど思考と自分の間に距離が生まれてきて一体化しないでいられるようになって行きます。

思考と一体化しないでいられるということは、死別に関する悲しみの思考が湧いてきても、映画を見るように眺められるという感覚に近い状態になります

悲しいという思考が湧いても苦しくなくなって行きます。悲しいという感覚自体も当然弱まります。

思考に気付きやすくなるための具体的方法

思考に気付きやすくするためにはネガティブな感情を手放すワーク(▶具体的なやり方はこちら→【死別の苦しみを手放す!】簡単・手放しのワーク★効果絶大3ステップ)がおすすめです。感情と思考はセットになっています。このため、ネガティブな感情を手放して行くことで思考に結果的に気付けるようになって行くのです。

死別の悲しみなどがあまりに大きい状態ではなかなか思考に気付くことができないのも事実です。このため、手放しのワークをやりながら思考に気付けるようになって行くことを目指すことが死別の悲しみを手放す近道となります。

また、マインドフルネスも思考に気付くための方法の一つですのでお勧めです。ただ、苦しみの感情が大きい人は手放しのワークを最初に取り掛かるか、平行して行うことをお勧めします。

miniグリーフ・カウンセリングでは、簡単なワークも取り入れ、ネガティブを手放し皆さんの内側の気付きを促し、視点を転換させて死別を早く軽やかに乗り越えるお手伝いをしています。心の軽さと視点の変化をその場で体感したい方はぜひお試し下さい!miniグリーフ・カウンセリング 詳しくはこちら